井口健一の顔画像やTwitterや犯行動機は?行動や供述がおかしいのはなぜ?

事件・事故


林哲也さんが亡くなった事件で2019年12月22日に北九州市小倉北区の自称建設業の井口健一(けんいち)容疑者が逮捕されました。


林哲也さんは亡くなっていますが、井口健一容疑者はどのような恨みがあり今回の事件を


今回は井口健一容疑者の顔画像とツイッター、犯行動機、行動や供述がおかしい理由について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

井口健一が起こした事件の概要


こちらはFNNで報道されている内容の一部抜粋です。

21日夜、福岡・北九州市で男性が刺され死亡した事件で、殺人の疑いで48歳の男が逮捕された。

逮捕されたのは、北九州市小倉北区の自称建設業・井口健一容疑者(48)。

警察によると、井口容疑者は21日午後11時すぎ、自宅近くの路上で、職業不詳の林哲也さん(40)の腹部を包丁で刺し、殺害した疑いが持たれている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20191223-00429342-fnn-soci



井口健一容疑者が起こした事件は2019年12月21日の午後11時すぎに通報があったことがきっかけで判明しました。


通報の内容は「男女数人がけんかしていて、男性1人が倒れている」と言った内容でした。


その後逃走していた井口健一容疑者が警察に逮捕されています。


井口健一容疑者が犯行を行った動機、行動がおかしい理由については後で詳しく見ていきたいと思います。

井口健一のプロフィール&SNS(Facebook、Twitter)

井口健一のプロフィール

本名:井口 健一(いぐち けんいち)

年齢:48歳

住所:福岡県 北九州市小倉北区

職業:自称建設業

SNS:Facebook、Twitter調査中



井口健一容疑者の顔画像についてインターネットやSNSで情報を調べてみましたが、まだ公開されていませんでした。


顔画像については引き続き調査し、分かり次第情報更新します。


井口健一容疑者は北九州市小倉北区で建設業を行っています。


Googleマップで会社の詳しい場所も調べてみましたが、該当しそうな建設業者は見つかりませんでした。


こちらからはSNS(Facebook、Twitter)についての情報です。


SNSについて「井口健一」でFacebookやTwitterを調べてみましたが、同姓同名のアカウントが見つかるだけで本人と断定できるアカウントは見つかっていません。


年齢が48歳なので、Facebook、Twitterのアカウントは作っていないのかもしれません。


SNSについては引き続き調査し、分かり次第情報更新します。

スポンサーリンク

井口健一の犯行動機(理由)


井口健一容疑者の犯行動機についてですが、今のところ明らかとなっていません。


これからの取り調べで犯行動機が明らかとなると思われます。


こちらからは犯行動機について私の考えを纏めてみます。


今の情報から整理すると「男女数人がけんかしている」と通報があったことから、井口健一容疑者と仲間が林哲也さんとトラブルがあり、今回の事件を起こした可能性があると思います。


通報があったのは午後11時と遅い時間ですし、井口健一容疑者と仲間がお酒を飲んでおり、帰宅途中で林哲也さんと出会い軽い接触があったころからトラブルに発生したかもしれません。

井口健一の行動や供述がおかしい理由


井口健一容疑者の行動はおかしく、供述もちぐはぐなので、その理由についても考えてみます。


井口健一容疑者は2019年12月22日の朝に自身で警察に迎えに来てほしい。事件を起こしたことは間違いないと供述し逮捕されています。


しかし、その後の取り調べでは覚えていませんと供述し、容疑を否認しています。


なぜ逮捕時と逮捕後で供述内容が変わっているのか理由がなぞです。


考えられる理由としては事件を起こし気が動転している」「逮捕され自身の身に起こることが怖くなり保身に入ったといった理由が考えられます。


どちらの理由も当てはまりそうに思いますが、前者の事件を起こし気が動転しているが有力な理由でしょう。


井口健一容疑者は林哲也さんが亡くなったことを知らなかった可能性が高いのでその情報を伝えられ、気が動転して行動や供述がおかしくなったのかもしれません。

おわりに


井口健一容疑者は覚えていないと容疑を否認していますが、複数人でけんかしていたと通報があったので、他の人の供述で犯行が明らかになる事でしょう。


自身が犯した罪を意識して反省し、罪を償って頂きたいですね。


本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました